脊柱管狭窄症は我慢が禁物|治すためのリハビリ法

看護師

早期発見の難しいがん

頭痛

卵巣がんは早期発見が難しく死亡率の高いがんです。卵巣がんのリスクは排卵回数や性ホルモンであるエストロゲンと関係しており、月経の回数が多い人ほど高くなります。また、婦人科系疾患や乳がんの既往歴がある場合もリスクはあがります。遺伝の影響もあり、身近な血縁者に卵巣がんの人があればリスクは高くなります。

Read More...

脳にできる腫瘍とは

観葉植物

脳腫瘍は、脳そのものにできるものと転移してできるものとがあります。その主な症状は、頭痛と吐き気、嘔吐で病状が進行するにつれてひどくなります。腫瘍が大きくなると、脳の機能を低下させ手足の麻痺などが起こります。早期発見が大切で異常を感じたらクリニックで診察しましょう。

Read More...

免疫力を利用して

doctor

樹状細胞療法は樹状細胞のがん細胞に対する攻撃力に期待して行われている治療方法です。この細胞は貪食作用はありませんが、抗原提示能力が高いために利用されています。人為的に増殖を行って再び体内に戻していきます。

Read More...

老人の猫背の治し方

困る

猫背になる理由から

昭和世代の高齢者に多い、猫背、腰を曲がった人が多く、特に農家の方はかがんだ姿勢で作業をするので、徐々に背骨が曲がってしまいます。すると腰の病気、脊柱管狭窄症を発症してしまいます。脊柱官とは、背骨の中にある脊髄が通っている空間の事を脊柱管と言い、脊柱管狭窄症は、文字通り、この脊柱管が狭くなり、中の脊髄を圧迫してしまう病気です。転倒や事故などの発症機転が元となり、椎骨や椎間板の変形、老化による影響で脊柱管が狭くなってしまいます。症状としては、神経圧迫症状で、腰痛、下肢のしびれ、筋力低下、間欠間跛行を呈します。脊柱管狭窄症の治療には、ブロック注射や温熱療法、手術治療、内服治療がありますが、有効で体の負担が少ないのが、リハビリです。

良くするポイントは

脊柱管狭窄症のリハビリで重要になってくるのが、姿勢とバランスです。特に座位や立位で脊柱が崩れた状態であると、一部分に余分なストレスがかかり、その部分の筋肉が固くなり、血流も悪くなる為、痛みの原因となります。リハビリでは、まず姿勢の評価を行い、前後・左右のバランス、脊柱全体の並びを確認し、調整します。また、脊柱のどこが崩れているかにより、筋力を鍛える部分も変わってきます。一般的に脊柱管狭窄症は腰部に多く、腰部と腹筋、殿筋を鍛える事で、脊柱の並びを正常化し、脊柱の圧迫から神経を守る事が出来ます。リハビリで最も大事な事は、自分自身の体を自分自身で治すと考える事です。脊柱管狭窄症は、日常生活の生活様式が大きく影響する病気です。脊柱に余分なストレスがないかを確認し、自分自身でリハビリする事が根治に繋がるからです。

Copyright © 2016 脊柱管狭窄症は我慢が禁物|治すためのリハビリ法 All Rights Reserved.