脊柱管狭窄症は我慢が禁物|治すためのリハビリ法

病棟

脳にできる腫瘍とは

観葉植物

腫瘍の特徴とは

脳腫瘍とは、脳に腫瘍ができる病気で、良性のものと悪性のものがほぼ半々の比率で発生し、悪性の腫瘍はがん細胞で治療が必要になります。脳腫瘍には、脳から腫瘍が発生する原発性脳腫瘍と、ほかの臓器などから転移して腫瘍ができる転移性脳腫瘍の2つがあります。腫瘍が転移する場合は、リンパ腺を通じてほかの臓器に発症しますが脳にはリンパ腺がありません。そのため原発性脳腫瘍は、ほかの臓器にはほとんど転移しませんが脳内で転移する場合があります。脳は、ほかの臓器のがんが転移しやすい部位で、特に乳がんや肺がんが転移性脳腫瘍の原因となります。これは、脳のほかの部位にも転移している場合が多く、治療に時間がかかることもあります。

その主な症状とは

脳腫瘍の主な症状は、頭痛や吐き気、嘔吐で特に頭痛は病気が進行するにつれて激しさを増していきます。腫瘍は大きくなるにつれてまわりの脳組織を圧迫するようになっていきます。そのため、脳の機能が低下して言語障害や手足の麻痺、意識障害、視力の低下、てんかんの発作などの症状が起こるようになります。脳腫瘍は、CTやMRI検査でほぼ発見することができます。モニターに体の内部の画像が写し出されそれにより診断することができます。また、脳血管造影検査という方法も行われることがあり、造影剤を血管にいれてその血液の流れで腫瘍のある脳の部位を見つけ出します。脳腫瘍は、早期発見が大切で頭痛や吐き気、嘔吐などの症状が頻繁にあるようなら病気を疑い、クリニックで診察を受けることが大切です。

Copyright © 2016 脊柱管狭窄症は我慢が禁物|治すためのリハビリ法 All Rights Reserved.