脊柱管狭窄症は我慢が禁物|治すためのリハビリ法

病棟

免疫力を利用して

doctor

がん細胞への攻撃力

樹状細胞はマクロファージと同じく骨髄幹細胞から分化して、抹消組織にいて細菌感染などに対する免疫の監視を行っている細胞です。特有な細胞の突起があることから樹状細胞と呼ばれています。抗原物質を取り込んで処理を行いますが、貪食作用は見られません。リンパ液に乗って局所のリンパ節に移行した樹状細胞はそこに存在しているT細胞と相互作用して、T細胞には抗原情報を提供して自身も活性化して抗原提示能力を高めていきます。これらの性質を利用して樹状細胞療法という治療法が行われています。免疫細胞療法の一つとして樹状細胞が持っているがん細胞への攻撃能力に期待するものです。患者から採血して血液中の樹状細胞を増やしてから、患者の体の中に戻していきます。

人為的に増殖

樹状細胞療法は外科療法、放射線療法、化学療法を実施したうえで行っていく補助療法という位置づけになっています。樹状細胞療法はがん細胞が特異的に発現する分子に対して、自己の細胞障害性T細胞が攻撃するという免疫が持っている能力を人為的に高めていく治療法です。抗原提示細胞である樹状細胞を培養して、その癌に特異的な免疫細胞の集団を作り出していき、人為的に細胞数を増やしてから患者に投与していきます。樹状細胞療法はがん抗原の提示が多くなることで、体内の細胞障害性T細胞が増えることを期待して行われる治療方法になっています。樹状細胞ワクチン療法とも呼ばれています。この治療方法は一部の血液系のがんを除くと、ほぼすべてのがんが治療対象になっています。

Copyright © 2016 脊柱管狭窄症は我慢が禁物|治すためのリハビリ法 All Rights Reserved.