脊柱管狭窄症は我慢が禁物|治すためのリハビリ法

病棟

早期発見の難しいがん

頭痛

進行がんで発見される

卵巣は卵子を生み出し、女性ホルモンを分泌する親指ほどの臓器で子宮の左右に一対であります。ここにできる悪性腫瘍が卵巣がんです。卵巣は腫瘍ができやすい臓器ですが、その85%は良性腫瘍です。卵巣がんの90%が卵巣の表面の上皮細胞ががん化したものです。卵巣がんは死亡率の高いがんです。卵巣は小さな臓器で腹部の奥にあるため、初期症状はほとんどありません。そのために受診も診断も遅れがちとなり、早期発見は難しいことが多く、進行がんの状態で発見されることがほとんどです。患者が受診するきっかけとなるのは、腹部が張ってくる、下腹部にしこりがある、膀胱が圧迫されて尿が近くなる、といった症状です。ただ、こうした症状が出たときにはすでにがんは進行し、他の臓器に転移している場合が多いというのが現状です。

排卵と関係する

卵巣がんは比較的早く転移をおこしやすいがんです。転移は、腹腔内の臓器ににがん細胞が散らばっていくという播種性転移の形をとることが多く、腹水がたまってお腹がはってくるのです。卵巣がんの原因の原因はまだわかっていませんが、月経との関連はあります。卵巣は排卵のたびに表面から卵子を放出し、その都度表面が傷つき、それを修復するということを月経がある間中繰り返しています。これががん化を促すと考えられ、月経の回数が多い人、つまり初潮が早く閉経が遅い人、妊娠出産の回数が少ない人ほどリスクは高いと考えられます。さらに卵巣の機能に関係した何らかの既往症を持つ人、婦人科系の疾患の既往歴のある人、乳がんなどエストロゲンに関係する疾患を持つ人もリスクは高くなります。卵巣がんは遺伝的な要因が10%程度あると言われており、身近な血縁者で比較的若い時期に卵巣がんになった人があればリスクは高くなります。これらに加え、高脂肪食、運動不足、肥満、喫煙習慣もリスクをあげると考えられています。

Copyright © 2016 脊柱管狭窄症は我慢が禁物|治すためのリハビリ法 All Rights Reserved.